日本人の睡眠時間は?

日本人の睡眠時間は?

現代の日本では、世の中全体が忙しく動いており、睡眠時間を犠牲にしてでも仕事をしたり遊んだりしてしまいがちです。 24時間営業の店が増えたこともあり、生活は不規則となり睡眠の質は下がる一方です。 今や5人に1人は眠りに関する何らかの悩みを抱えていると言われています。 現代ほど、人が睡眠不足や不眠に悩まされている時代はかつてなかったと言ってもいいでしょう。

日本人の睡眠満足度は最低!?

調査はインターネットで、東京、ニューヨーク(米)、パリ(仏)、ストックホルム(スウェーデン)、 上海(中国)の30〜50代のビジネスパーソン男女計891人を対象に実施した。 調査によると、東京の平均睡眠時間は約5・6時間で、6時間台のニューヨークとパリ、 7時間台のストックホルムと上海に比べ、大差で最下位だった。原因は就寝時間の遅さで、 唯一の午前0時台だった。また、睡眠の満足度でも50%以上が「満足」と回答した4都市に対し、 東京は30%以下。一方、「不満」は約49%で最も高く、ワースト2のパリ(約38%)よりも10ポイント以上高かった。