不眠症の4つのタイプ

不眠症の4つのタイプ

一般的には「不眠症」という言葉で知られていますが、医学的には不眠症という睡眠障害は、 大きく4つのタイプに分類することできます。不眠症に悩んでいる人が医師に相談するときは、 自分がどのタイプに該当するのかを事前に考えておいてください。


入眠障害タイプ

入眠障害タイプとは、いわゆる「寝つきが悪い」というもので、不眠症を訴える人の多くはこのタイプに該当します。 入眠するまで常に1時間以上かかる場合は入眠障害だと言えるでしょう。

中途覚醒タイプ

眠りに落ちることはできても、夜中に2回以上目が覚めてしまい、すぐにまた眠りに戻れないタイプです。 眠りが浅く、ぐっすり熟睡した満足感がないのが特徴で、睡眠時無呼吸症候群、うつなどの精神疾患、 ストレスなどが原因として考えられます。

熟眠障害タイプ

いわゆる「眠りが浅い」というタイプのことです。 朝まで熟睡した、という満足感がないため、自分は不眠症だと考えてしまいます。

早朝(早期)覚醒タイプ

自分が起きる予定の時間よりも何時間も早く目が覚めてしまい、眠りたいのに眠れなくなってしまうタイプのことです。 高齢者やうつの患者によく見られる症状です。