不眠症になる人は?

不眠症になる人は?

不眠症になる原因の代表的なものに人間関係のストレスがあります。職場の上司とうまくいかない、 夫婦の関係がぎくしゃくしている、子どもと会話が成り立たない、などの悩みをお持ちの方は決して 少なくないはずです。
こうした人間関係の問題は、非常にありふれているとも言えますが、 こうした原因によって不眠症になってしまう人がいる一方で、まったく気にせずよく眠れる人がいます。


つまり、同じような状況にいても、不眠症になってしまう人とならない人がいるということです。 なぜこのような違いが出てくるかということについて明確な答えが用意されているわけではありませんが、 性格的な違いが原因だと考えられます。
負けず嫌いで自己主張が強く、 そのくせいつまでも感情を引きずってしまうタイプの人は、人間関係が原因で不眠症になりやすい傾向があります。
逆に、サバサバした性格で、人間関係で不愉快なことがあっても、ベッドに入ればそんなことはすっかり忘れてしまい 、一晩寝たらまったく気にしていないというあっさりした方は、不眠症になりにくいのです。