不眠症の自己診断

不眠症の自己診断

自分の不眠の度合いをはかる目安として、世界共通で使われているチェックシートがあります。


アテネ不眠尺度(AIS)
(Soldatos et al.: Journal of Psychosomatic Research 48:555-560, 2000)
アテネ不眠尺度とは、世界保健機関(WHO)が中心になって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」が 作成した世界共通の不眠症判定法です。8つの質問に対する回答を最大24点で数値化し、客観的に不眠度を測定できます。


下記のAからHまでの、8つの質問に答えてください。
過去1カ月間に、少なくとも週3回以上経験したものに当てはまるものにチェックしてください。
選択肢の先頭についている点数の合計で結果が診断されます。



A:寝つきは(布団に入ってから眠るまで要する時間)

0 いつも寝つきはよい 1 いつもより少し時間がかかった 2 いつもよりかなり時間がかかった 3 いつもより非常に時間がかかったか、全く眠れなかった

B:夜間、睡眠途中に目が覚めることは?

0 問題になるほどではなかった 1 少し困ることがあった 2 かなり困っている  3 深刻な状態か、全く眠れなかった

C:希望する起床時間より早く目覚め、それ以上眠れなかったか?

0 そのようなことはなかった  1 少し早かった  2 かなり早かった  3 非常に早かったか、全く眠れなかった

D:総睡眠時間は?

0 十分である 1 少し足りない  2 かなり足りない 3 全く足りないか、全く眠れなかった

E:全体的な睡眠の質は?

0 満足している  1 少し不満 2 かなり不満  3 非常に不満か、全く眠れなかった

F:日中の気分は?

0 いつも通り 1 少しめいった 2 かなりめいった  3 非常にめいった

G:日中の活動について(身体的及び精神的)

0 いつも通り  1 少し低下  2 かなり低下  3 非常に低下

H:日中の眠気について

0 全くない 1 少しある 2 かなりある  3 激しい



・合計得点が4点未満の場合:睡眠障害の心配はありません。
・合計得点が4〜5点の場合:不眠症の疑いが少しあります。
 ⇒できれば医師に相談してください
・合計得点が6点以上の場合:不眠症の疑いがあります。
 ⇒医師に相談することをお勧めします。