高齢者の不眠原因について

高齢者の不眠原因について

高齢者の不眠原因について高齢になるとなかなか熟睡できなくなります。 その原因は色々で、例えば以下のようなことです。

・若いときほど体を動かさなくなったため、消費するエネルギー量が減ったため
・加齢による最高体温が低くなったため
・1日の体温サイクルがずれやすくなるため
・睡眠作用を促す「メラトニン」というホルモン分泌が少なくなるため

このようなことから、寝つきが悪くなったり、朝早く目覚めてしまったり、夜中に何度かトイレに起きてしまったりするのです。 そのため熟睡できなくなるのです。

人間の体温が最も高くなるのは夜寝る前です。そして眠ると体温が下がっていき、朝起きる直前に最も低くなります。 人が眠気を感じるのは、体温が下がるときです。このときの体温低下の幅が大きければ大きいほど、強い眠気を感じます。 しかし高齢になればなるほど、最高体温が低くなっていきます。ですから、体温の変動幅が小さくなり、眠気を感じにくくなるのです。

また体温サイクルにもずれが生じるようになってきます。人は体温が上昇するときに目覚めます。 サイクルが前倒しになる分、朝早く目覚めてしまうのです つまり、高齢になればなるほど一日のサイクルが前倒しになってくるのです。