いびきの仕組み

いびきの仕組み

いびきはどのようにして起こるのでしょうか。人が眠っているとき、鼻の粘膜の毛細血管が広がることで、 空気の通り道である上気道(じょうきどう)と呼ばれるノド周辺の気道が狭くなります。 さらに、睡眠中は筋肉が緩むために、舌がノドの奥のほうに落ちていきます。 こうして、上気道が狭くなってしまい、そこを空気が通るとノドの粘膜が振動してしまい音を出します。 これがいびきの正体です。


いびきには良質のものと悪質がものがある

睡眠中に呼吸が一時的に止まる状態がなければ良質なものなので特に心配する必要はありません。 良質ないびきは原発性いびきと呼ばれ、音がうるさいという以外には特に問題はありません。 睡眠中に呼吸停止が起こるようですと、悪質ないびきに分類され、なんらかの不調を体が訴えている警告だと言えるでしょう。

いびきは睡眠中の呼吸が上手にできていない証拠とも言えますから、立派な睡眠障害の一つです。 また、いびきをかく人は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)という睡眠障害の一歩手前ですから、たかがいびきと甘く考えてはいけません。