睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠時無呼吸の疑いがある場合は、専用の設備のあるクリニックで検査を受ければすぐに結果がわかります。 この検査は脳波、心電図、血圧、呼吸停止の回数や長さ、血中酸素濃度など、たくさんの項目について寝ている間に ありとあらゆるデータを収集します。通常この検査は一泊入院で行われます。
検査用の電極やセンサーなどの器具を身につけたまま一晩普通に寝るだけで、翌朝にはすぐに退院できますから休暇を取る必要もありません。

検査から一週間程度後に、結果が知らされることになります。