日本のいびき人口・男女差

日本のいびき人口・男女差

日本のいびき人口は約2,000万人!?

いびきは自覚症状がないことや、自覚症状があったり、他人に指摘されても、病院で診察を受ける人はほとんどいないので、 正確な数字は分かっていませんが、 日本における「いびき人口」は、“約2000万人”と推定されています。

さらにこのうち、睡眠時無呼吸症候群(SAS)は“約200万人”と推定され、 この200万人のほとんど「約90%」の人が自分では睡眠時無呼吸症候群だとは気付いていないといわれています。


いびきは男性のほうがかきやすい。

いびきは比較的、男性のほうがかきやすいといわれ、「成人男性の約20%」、 「成人女性の約5〜10%」の人が習慣的にいびきをかいているといわれ、年齢が上がるほどこの数字が上がることも分かっています。