いびきの種類

いびきの種類

いびきには大きく3種類の症状があります。どのような種類かというと、 「単純いびき症」「上気道抵抗症候群」「睡眠時無呼吸症候群(SAS)(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)」の3つです。


単純いびき症

世間一般的にはこれが「いびき」と呼ばれる症状です。単純いびき症は睡眠時無呼吸症候群のように呼吸が 止まったりしないので、病気という枠には入りません。しかしいびきというのは自覚症状があまりないので、 自分では「単純いびき症」なのか「睡眠時無呼吸症候群」なのか判断できません。


睡眠時無呼吸症候群(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群の約9割以上の人が「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」ではないかと言われています。


上気道抵抗症候群

「睡眠時無呼吸症候群」のように、睡眠時に呼吸が停止する事はありません。 しかし原因は不明ですが、上気道が狭くなったことによりいびきをかくことで、昼間に激しい眠気に襲われたり、 睡眠時には必ずいびきをかいたりします。この症状は、脳血管障害や心臓病、糖尿病などの初期兆候として発現する可能性が高いので、 一度専門医に診てもらう事をおすすめします。