睡眠の役割とは何か

いびきと肥満の関係とは?

今、「肥満」ということが1番いびきと関係性の強いことだと考えられています。


肥満という状況になると、自分でも周りからも見た目が太っていると理解できると思います。 しかし「口蓋扁桃・咽頭」といった体内部の本人でも見ることのできない部分にも脂肪が付き、 空気が通る道が狭くなります。
そのため、いびきをかく可能性が大変高くなるのです。

そして、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」と言われる、重度のいびきとも考えられる症状とも密接に関係しています。 つまりいびきを治すための1番大切なことは、肥満解消と言えるのです。

では実際にどういった解消法を行えばいいのか、以下でいくつか紹介します。 まず一番は「原因療法」と言われる方法をメインにします。これは、いびきの直接的な要因となっている肥満を治すために重要です。 その上で、「対症療法」と言われる「いびき改善アイテム」などを利用します。 つまり「その場しのぎの方法」との2種類を利用して治していくのです。

その後、仮に肥満が治ってきた場合は改善アイテムの利用をやめて症状の状況を確認します。 この状況でいびきが起きなければ、完全にアイテムの利用をやめます。 またそれでもいびきが続くようであれば、再度アイテムを利用して療法を継続するといった流れになります。

つまり、改善アイテムを利用しなくても「いびきをかかない」状態になることを最終的な目標として実施していくのです。